ブリティッシュショートヘア「たま」の飼育記録♫

NO:8 編みかけの猫ちぐら

ウチ猫ブログ
この記事は約2分で読めます。

去年の夏頃にズパゲッティという糸で猫ちぐらを作れるという編み物本を見つけました。

なんと2wayで、猫ちぐらの天井部分をペタンと折りたたむと猫ベッドにもなるという優れもの。

これは!!と思い、うちの猫のためにとせっせと編んでいたのですが、糸が足りなくなってしまいまして、編み途中ではありましたが猫ベッドとして床に置いていたんです。

こんな感じで。

 

たまくんも気に入って使ってくれてました^^

 

そんなこんなでずっと編み途中にしていた猫ちぐらですが、だいぶ毛だらけになってしまい洗濯をしようと奥の方へ一旦移動させていました。

すると、たまくんに汚い猫ちぐらを見つけられてしまい、主人が「これ、使いたいみたいだよ」と、奥から引っ張り出してきまして・・・

 

クンクンと匂いを嗅ぐたまくん・・・

自分の匂いがするね〜^^

 

 

ちぐらの入り口を開いてみたところ、

するするっと入ってくれました!

この猫ちぐらの難点は、糸の重さで天井がへにょっとなってしまうところです・・・汗

 

猫の腰が出ています・・・あとそこを編むだけだったんだけどねぇ。

 

 

 

たまくんもハテナ?な様子ですが・・・

 

 

居心地はいいみたいです!

 

 

こんな風に気に入ってくれている!最後まで作り上げなければ!

と私の気合いスイッチもONに!

 

早く完成させて〜と猫に教えてもらった気がします・・・。

もう一度全部ほぐして最初から作り直そうかな、とか考えています。

 

 

オマケ↓

背を低くして、もぐってるつもりのたまくん^^

全部出てるよ(小声)

 

 

それではまた!