ブリティッシュショートヘア「たま」の飼育記録♫

愛猫のために信頼できる動物病院を選びたい!選び方のポイント10項目。

この記事は約7分で読めます。

猫と暮らしはじめたら、早いうちに動物病院を決めておきましょう。

ワクチン接種や健康診断で猫を動物病院へ連れて行くタイミングがあります。病気にかかる前に探しておいたほうが良いですよ。

ただ、実際に探そうと思って地域の動物病院を検索してみると、たくさんあってどこがいいのか何を基準に選んでいいのか迷ってしまいますよね。

愛猫の命にかかわることなので慎重に動物病院を選びたいものです。

では、これからお付き合いをしていく中で信頼できる動物病院を選ぶためにはどんな基準で選べばいいのでしょうか。

自分の中でここが良ければ納得できる、これだけは譲れないといった基準を設けておくと悩みすぎず決めることができます。

それでは愛猫の動物病院を選ぶための基準を詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

信頼できる猫の動物病院を選ぶためのポイント

実際に選ぶためのポイントを以下にまとめました。

・動物病院に行く前に確認しておきたいこと

・動物病院に行った時に確認しておきたいこと

それではみていきます。

動物病院に行く前に確認しておきたいこと

事前に確認して判断できることもありますので、実際に調べていきましょう。

  1. 家から動物病院までの距離はどうか
  2. 動物病院にホームページはあるか、口コミはどうか調査
  3. 駐車場があるかどうか
  4. 病院の外観はどうか
  5. 電話対応はどうか

 

それでは詳しく説明していきます。

 

家から動物病院までの距離はどうか

距離が近いと車がなくても歩いて行けるので便利です。

子猫のうちはまだいいのですが、成長につれてだんだんと体重が重たくなってきます。キャリーケースを持つとずっしりきますし夏場は特にきついです。

猫のためを考えると移動距離の長さ、歩く振動でストレスを与えてしまう可能性もあるので近いほうがベストです。

我が家は徒歩25分前後の場所にかかりつけの病院があります。

わたしは女性です、25分前後でも約4kgの猫が入っているキャリーケースを持ち歩くのは正直しんどいです。猫もわたしが歩く振動でそれなりに負荷がかかっているはずです。

ひどい病気だったりしたときのことを考えると徒歩20分でもタクシーを使おうか迷うほどです。

できるだけ自宅から距離の近い動物病院を選びましょう。

 

動物病院にホームページはあるか、クチコミはどうか調査

 

動物病院へ行く前にホームページから雰囲気を探ることができます。

病院のスタッフ写真、院内の様子や診察室、病院のポリシー、獣医師の紹介等の情報について前もって知ることができます。

各月の休診日や当日の診療時間がだいたいホームページに掲載されているので、急に具合が悪くなった時にすぐに確認することができ便利です。

個人的なイメージではありますが、ホームページが開設されていることによって「ある程度の信頼性」はあるのではないかと思っています。

動物病院名で検索してみてクチコミがある場合、猫の診察について書かれているものを参考にしてみるのもいいと思います。

 

車の場合、駐車場があるかどうか

車で来院する場合は駐車場があるかどうかは確認しておきたいですね。

コインパーキングの駐車サービス券を渡してくれる病院もあります。気配りのある病院はありがたいです。

 

病院の外観はどうか

家から近い場所ですと通りかかっていたりしますよね。もし知らなかった場合は、グーグルマップで外観を観ることができると思いますので確認してみてください。

我が家の近所には、ここの病院やってるのかな?っていう動物病院があります。

建物のイメージが全体的に暗い、いつも病院の前を通っているけど動物患者の出入りをみたことがない、病院前の掲示板に張ってあるポスターが破れている、いつの情報なのか分からないなど、細かいようですが確認しておきましょう。

上記のような病院には愛猫を連れていきたいと思わないでしょう。

 

電話対応はどうか

診察料、予約制なのかどうかだけでも聞いてみるといいですね。

実際電話をしてみると親切丁寧に教えてくれますよ。

どの病院にしようか悩んでいたら、まずは電話をしてみることをおすすめします。

電話の対応でいいか悪いか分かります。なんか良いかも、という感じもつかめると思います。

是非とも行く前に電話を入れてみましょう!

 

動物病院に行った時に確認しておきたいこと

事前の確認をしても実際に行ってみないと見えない・分からないことがあります。

行った時に確認しておきたいことをご紹介します。

  1. 院内が清潔かどうか
  2. 獣医師さんはどうか、スタッフはどうか
  3. こちらの質問に丁寧に答えてくれるか
  4. 医療設備は整っているか
  5. 診察料は納得できる範囲か、明細はきちんとしたものか

それでは説明していきます。

 

院内が清潔かどうか

清潔な動物病院は動物の嫌な臭いがしません。

待合室にも余計な物がなく、とてもスッキリしています。

床もホコリっぽくないです。

病院によっては空気清浄機を使用しているところもあります。

上記のような清潔対策が出来ているかどうか確認しましょう。

 

獣医師さんはどうか、スタッフはどうか

ホームページでは優しい笑顔で写っていたのに、実際に合ってみるとなんか様子が違うなど結構あります。

獣医師さんが気軽にお話できる雰囲気をつくってくれる、自分と愛猫と相性が合いそうかどうかは大事なポイントなので確認しておきたいですね。

活動的な獣医師さんですと臨床研究会や○○学セミナーなど参加しているようです。

治療に関して順を追った説明を詳しくしてくれるかどうかもみておきましょう。

 

スタッフ(動物看護師)さんは診察の補助をするときがあります。

猫はもともと保定(手でおさえる)が嫌いです。診察中は保定をします。安心できるスタッフさんですと「おさえつける」ようにはしません。

猫に噛まれても手をパッと話すことなく対応の作法が分かっています。

猫との暮らしが長くなりつつあると、愛猫に対する保定の作法を厳しくみてしまうところがあります(-_-;)

このあたりも自分が納得できるか、といった判断になると思いますので診療中に観察しておきましょう。

「猫のことを考えているか」がポイントです。

 

こちらの質問に丁寧に答えてくれるか、猫に関するアドバイスは適切か

獣医師さんが上から目線で話したり、こちらの質問にあいまいに受け答えしていないか見極めましょう。

案外獣医師さんでも医療レベルでの猫は知っているけど、生活レベルでの猫についてはあまり詳しくないという先生はいらっしゃいます。

ただ、1回行っただけでの判断は難しいです。

飼い主さんが生活レベルでの猫知識を深めるなど獣医師さん任せにしないという心がけも大切です。

 

医療設備は整っているか

愛猫がいざという時に動物病院をハシゴしないためにも設備が整っているかどうか確認しましょう。

動物病院のホームページに公開されていたりします。

X線検査(レントゲン)、内視鏡検査(開腹せずに消化管内異物の除去や病理検査)、超音波検査(カラダに負担なくできる検査として最強)をしてもらえると安心ですね。

規模が小さく個人病院でも上記の設備が整っている病院はあります。

 

診察料は納得できる範囲か、明細はきちんとしたものか

動物病院の診察料は目につくところに公開されていないので分かりにくいですよね。各動物病院で診察料が違いますので比べてみるのもいいと思います。

参考に我が家のかかりつけ動物病院の初診料は1000円でした。

先日猫が肉球を怪我して診察したときはトータルで2500円(診察料840円+薬1週間分代)でした。

あれでしたら比べる参考にしてくださいね。

3種混合ワクチンとレボリューション(ノミ・ダニ薬)の明細はこんなかんじです。

 

診療料金明細には治療内容がはっきり記載されているかどうか確認しましょう。

単なるレシートで明細になっていないものだったりすると、ペット保険に提出したときに受理されない可能性がありますので注意しましょう。

 

終わりに

今回は猫の動物病院の選び方をご紹介しました。猫の命にかかわることでもあるので長くなってしまいました。

最後に項目だけまとめておきます。

★動物病院に行く前に確認すること

  1. 家から動物病院までの距離はどうか
  2. 動物病院にホームページはあるか、口コミはどうか調査
  3. 駐車場があるかどうか
  4. 病院の外観はどうか
  5. 電話対応はどうか

 

★動物病院に行った時に確認すること

  1. 院内が清潔かどうか
  2. 獣医師さんはどうか、スタッフはどうか
  3. こちらの質問に丁寧に答えてくれるか
  4. 医療設備は整っているか
  5. 診察料は納得できる範囲か、明細はきちんとしたものか

1回行っただけでは猫にやさしい動物病院なのかどうか見極めるのは難しいかもしれません。

ただ、合う合わないといった感覚はつかめると思います。

愛猫が病気になる前のワクチン接種や健康診断のタイミングにじっくりと探してみてください。