はじめて猫を飼うときに準備しておきたいこと 猫用品編

 

こんにちは!猫との生活が毎日楽しいまつこです。

これから猫ちゃんとの楽しい生活が始まると思うとワクワクとっても楽しみですよね!

それと同時におウチへ来てくれる猫ちゃんのために「最初に何を準備してあげたらいいの?」と気にかかっているのではないでしょうか?

新しいお家にすんなりと馴染んでもらえるように、この記事では必要な猫用品を紹介していきますね。

猫をお迎えする日までにそろえたいもの

キャリーケース

猫ちゃんを外へ移動させるときに使います。

お迎えする日はもちろん、動物病院へ連れて行くときなどの外出時は必須アイテムとなります。車に乗せる場合、限られた空間ではありますが車中で猫が動き回ると危険ですので出さないようにしましょう。

キャリーケースは色々なタイプがありますが、プラスチック製のもので上まで開閉できるタイプですと、病院などで猫を取り出しやすくて便利ですよ。肩にかけるタイプやリュックタイプは猫を入れたときの安定性や脱走しないかなどの安全性はしっかりと確認してくださいね。

 

ケージ

猫ちゃんを新しい環境に慣れさせるためにケージを使います。

来たばかりの猫は警戒心や緊張から、家具の隙間へ入って出て来れなくなったり、ドアの隙間から急に外へ出ていってしまったりすることがあります。そういった危険を守ってくれる役目があります。

また、ケージが猫ちゃんの「お部屋」の役目にもなります。来客中など馴染みのない人が来たりすると自分から入ってくれたり、業者が来た時などはケージに一時入れたりすることもできるので便利です。

 

トイレ

子猫の場合は小さくまたぎやすいものを選んであげましょう。

トイレタイプは深さや大きさ、フタがついているタイプなど様々です。

成長に合わせて大きいものを用意してあげましょう。

 

猫砂

用意したトイレに猫砂を入れます。

砂の種類には鉱物系、紙系、材木系など色々な種類があります。

最初のうちはペットショップや里親さんが使っていた猫砂と同じものを用意したほうが安心です。

また、引き取ってくる際に猫ちゃんが用を足していた砂を少し分けてもらって来てください。(自分の匂いがついているため)

その後、猫との相性で数種類試して選んでみるのもいいですね。

 

キャットフード

最初はペットショップや里親さん、施設などで食べさせていたものと同じものをあげましょう。

フードの種類はドライタイプ、ウェットタイプがあります。総合栄養食と記載のあるものを主食として選んであげましょう。バリエーションを持たせると飽きにくくなります。

少しずつ色々なフードにチャレンジして慣れさせていってください。だんだんと猫ちゃんの好みがわかってくると思いますよ。

 

食器

フード用、水飲み用と2つ用意します。

フード用は安定感のあるもの、水飲み用はヒゲが触れない大きさで深めのものを用意してあげましょう。

 

猫用おもちゃ

飼い主さんと一緒に遊べるものや、ひとりで遊べるものをそれぞれ準備してあげましょう。猫によっておもちゃの好みもあります。最初から高いおもちゃを買って遊んでくれなかった・・という失敗がないよう、ある程度「好き」が分かってから購入するのがおすすめですよ。

 

爪とぎ器

猫は爪をとぐ習性があります。大事な家具に傷をつけないためにも爪とぎ器は必ず準備しておきましょう。素材や形が色々ありますが、基本的にはダンボール製のものがおすすめです。

爪とぎ器を床面において猫が乗ってとぐタイプを子猫の頃から使うと、伏せた体勢で研ぐ習慣ができます。壁で立ち姿勢でガリガリとやられる回数を減らしたい飼い主さんにはおすすめです。

 

ブラッシング用品&爪切り&歯ブラシ

日々のお手入れは猫ちゃんが健康に暮らしてくためには欠かせない大切なことです。普段からケアを習慣化して、上手に慣れさせていきましょう。

ブラッシングには血行促進といったマッサージ効果や、猫自身が飲み込む毛を減らすことができます。長毛種の場合は毎日、短毛種でも週に1回はブラッシングをしましょう。

爪切りや歯ブラシは猫専用のものを用意してくださいね。

 

 

猫用ベッド

環境が変わると不安になるので、もし猫ちゃんが今まで使っていた自分のニオイ付きのものがあれば一緒にケージに入れてあげましょう。

なければフカフカしていて身体を包み込むようなサイズのものを用意してあげましょう。季節によって素材も違ってきますので、基本的にはオールシーズン使えそうな素材のベッドを最初は用意してあげるといいでしょう。寒くなれば毛布を付け足してあげる、暑ければひんやりマットをしいてあげるなど多様できるタイプがおすすめです。

中にはベッドよりダンボールが好きな子もいるようですので、猫の好みが分かってきたら新しいベッドを追加していくようにするといいと思いますよ。

 

必要に応じてそろえたいもの

キャットタワー

猫は高い場所が大好きな動物です。キャットタワーは運動不足やストレス解消にもなります。

子猫のうちは目を離しているときに落下する危険性を考えますと、高さのあるものはできれば控えたいなと個人的には思ったので「必要に応じて」のカテゴリに入れさせてもらいました。

成長とともに用意できたら購入してあげたいですよね。

また、家具を段々にして工夫することによってキャットタワー代わりになることもありますので、必ずしも購入しなくて良いかと思います。

我が家は自作のキャットタワーを作りましたので、後日作り方とともに公開したいと思っています。

 

災害対策用品

万一の時を想定して、少しずつ準備しておくと安心ですね。いざという時のために普段から災害用のポータブルケージなどに慣れさせておくといいですよ!

フードについてはペットショップへ行くと、フードコーナーにてサンプルを配っているメーカーさんが居る時があります。そういったサンプルを防災バッグに入れておくといいかもしれませんね。(賞味期限に注意)

 

トイレまわり

ペット用消臭剤・・・トイレのニオイ対策に。

トイレマット・・・猫の爪にトイレ砂が挟まったままになるのを防ぎます。

 

飲食まわり

食器台・・・猫が座った状態で食べられる高さに調整するため。

 

わたしが購入しようか迷った用品

首輪

我が家は室内飼育というこもあり首輪は迷いましたが今の所は購入していません。なによりも猫本体が嫌がるせいもあったからです。首輪をするとオエッっと吐くような仕草をしますし(決して苦しくしていない)、猛ダッシュや後ろ足で外すしぐさが止まらなかったからです、笑

もし購入を検討している飼い主さんでしたら、事故防止のために引っ張ると伸びたり外れたりするもので、「鈴がついていないもの」がいいですよ。ご存知かもしれませんが、猫の耳は人間の8倍も聴力があります。首元で動くたびにチリンチリン鈴がなっていると猫がうるさく感じてストレスになります。

 

まとめ

多少費用はかかりますが、そろえておくことによって慌てず安心して猫を迎えることが出来ます。家族の一員として迎える猫ちゃんのために、グッズをどんなものにしようか選んでいる時間はとっても楽しいものです。

また、ペットショップにて飼育初期セットとしてこれらがセット販売されているお店もありますので、選んでいる時間がない!といった方は、是非チェックしてみてください。




ABOUTこの記事をかいた人

ご訪問いただきありがとうございます。 猫と暮らしはじめて4年目。 愛する猫が毎日幸せに、健康に過ごしてもらえるよう猫との暮らしについて学習中。 猫が身近にいる幸せを日々味わいつつ、のんびりと暮らしています♪ 飼育に関する誤情報をできるだけ流さないようペットに関する資格も取得しています。 (ペットフレンドリーオーナー)